MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!

今月のテーマ
春から始める紫外線対策

紫外線は春から増え始めます。今から対策することが大切です。

 人のしみやしわ、皮膚がんの発生に紫外線が関係していると考えられているのは、皆さんご存知のとおりです。
 そもそも紫外線とはどのような性質をもつのでしょうか。
 紫外線(UV)は波長が長い方から順にA・B・Cと大別されます。このうち地表に達するのがUV-AとUV-Bです。特にUV-Bは、オゾン層破壊による増加で、生物への悪影響が懸念されています。UV-Aは、UV-Bほどではありませんが、長時間浴びると健康に影響があるとされています。
 地域によっても異なりますが、紫外線は5月から増え始め、6月から8月にかけてピークをむかえます。また、紫外線は薄曇りの日でも快晴時の80%以上、雨の日でも約30%の量があります。紫外線が強くなる時期に備えて、対策を早めに講じておくと安心です。
 外出時は日傘や帽子を使うほか、衣服で覆えない部分には日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めは、衣類に触れたり、汗をかいたりすることで落ちてしまうので、2~3時間おきに塗り直しましょう。

日焼け止め

お出かけの際は、時間帯にも気をつけて日影を利用することも忘れずに!

■紫外線のうそ・ほんと
世界保健機関(WHO)がまとめた「紫外線のうそ・ほんと」をいくつかご紹介します。あなたの知識は正しいですか? 間違っていますか?

  1. 日焼けは健康的だ → ×
    日焼けは私たちの体が紫外線による被害を防ごうとする防衛反応ですが、その効果は小さく、注意信号と考えるべきです。
  2. 冬の間の紫外線は危険だ → 
    冬の紫外線は弱いとはいえ、雪による反射では2倍近くになります。特に、高い山では注意が必要です。
  3. 日光浴の途中で定期的に休憩すれば日焼けを起こさない → ×
    紫外線ばく露は1日をとおして蓄積されていきます。
  4. 日焼け止めを塗れば、長時間日光を浴びても大丈夫 → ×
    日焼け止めは日焼けの防止効果を高めますが、太陽に長時間当たるために使用するのは間違いです。

■日焼け止めの選び方
日焼け止めの選び方はパッケージに表示された「SPF」と「PA」を基準にしましょう。日常での散歩程度の外出やレジャーなど、どこで使うかによって数値や+の度合いが異なります。
以下の図は、生活シーンによるSPFとPAの目安です。選ぶ際の参考にしてください。

日焼け止め

■紫外線の眼への影響
紫外線ばく露による眼への影響については、白内障が知られています。白内障は眼科疾患の中でももっとも多い病気のひとつです。そのタイプは80以上あると言われていますが、加齢により発症する白内障には3つの代表的なタイプがあり、それぞれの原因や見え方への影響は異なります。日本人にもっとも多くみられる皮質白内障というタイプは、紫外線との関係が知られています。お出かけの際は、つばの広い帽子やある程度の大きさのサングラスをかけるとよいでしょう。

※環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」を元に作成

>>MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!アーカイブ