MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!

今回のテーマ

手遅れになる前に知っておきたい
歯周病

日本人の40歳以上の約8割がかかっている歯周病。
日々の生活習慣が病気を悪化させるため「生活習慣病」といわれています。

歯周病ってどんな病気?

歯に付着した細菌が原因で、歯茎など歯の周りの組織が炎症により破壊されていく病気です。虫歯と異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどないために、歯肉からの出血などにより気づいたときには手遅れになる危険性があります。
歯周病の進行は、①歯と歯茎の間にプラーク(歯垢)がたまって、歯周病菌が活発化して炎症を起こし、②細菌の毒素によって歯と歯茎の間にすき間(歯周ポケット)ができてきます。③歯周ポケットの中でさらに細菌が繁殖し、歯を支える歯槽骨を溶かしていくために、グラグラしたり、歯が抜け落ちたりするのです。

イラスト


歯周病チェック(日本臨床歯周病学会「歯周病のセルフチェック」より)

イラスト

イラスト

>>MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!アーカイブ