MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!

今回のテーマ

 少しずつ体のメンテナンスを!【1】
1日を元気に過ごすための
 朝ストレッチ

「ストレッチ」は動ける筋肉にするためのリハビリ。運動は苦手という方でも気軽に生活の中に取り入れられます。朝・昼・夜と時間帯別に効果的なストレッチを3回の連載で紹介します。


 特別な道具もいらないストレッチは、狭い空間でも始められるため家で気軽にできる運動です。第1回目は朝目覚めた時にベッドや布団で行えるストレッチ。ゆっくりと体を伸ばすことで全身の血行がよくなり、頭も体もすっきりと目覚めることができます。

全身

 ポイント! 大の字に伸びてから、手足をまっすぐに伸ばします(2〜3回)。

 ポイント! 腰は床につけたまま、両ひざを抱えて胸に引き寄せます(2〜3回)。

ウエスト

 ポイント! 両手を開き、両ひざを立てて左右に
       倒します。顔はひざとは反対に向けます。1回 10秒(左右2〜3回)。

お腹

 ポイント! うつぶせ寝の姿勢から両ひじをついて、
       ゆっくりと状態を起こします。1回 10秒(2〜3回)。

 高血圧を改善する運動は?

高血圧には、適度な運動を習慣的に行うことが効果的であるということが確認され、WHO(世界保健機関)でも運動療法を推進しています。おススメは、ウォーキング(速歩)、軽いジョギング、水中運動、自転車など。「きつい」と感じない程度の有酸素運動を取り入れましょう。1日30分以上をできれば毎日、少なくとも週3日。1回10分以上の運動を合計して30分以上でもOKです。生活の中で歩くこと、体を動かすことを意識して過ごしましょう。



全身、腰、ウエスト、お腹のストレッチをやってみて、
まだ時間に余裕があるという方は、
さらにいくつか続けてみましょう。

*web
限定記事


肩・腕

 ポイント! ひざをついて、両腕を前に伸ばしていきます。
       伸ばし終わったら1度体を起こし、繰り返します(2〜3回)。

脇と
太もも

 ポイント! 脚を広げて座り、
       右手が左の足先に触れるようにからだを倒します(左右各 10回)。

脇と
太もも

 ポイント! つ伏せになり、ひざを伸ばしたまま、片足ずつ上げます。
       両手はからだの横におき、バランスをとりましょう(左右各 10回)。


1日の計はにあり! 
朝ストレッチのメリット


基礎代謝が上がり、血流をよくします。
疲れにくいからだになります。
心身の老化予防になります。
柔らかなからだになるとケガをしにくくなります。
腰痛、肩こり、膝の痛みなどに効果的です。
スタイルアップにもつながります。

動きながら徐々に体をほぐして、からだのスイッチをオンにする朝ストレッチ。1日を軽やかに、気持ちよくスタートさせるためにぜひ毎日続けてみましょう。家の中でわずか数分間で、簡単にできる点も魅力的です。

>>MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!アーカイブ