MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!

今回のテーマ

 少しずつ体のメンテナンスを!【3】
1日の疲れをとる
 夜のストレッチ

3回連載のストレッチ。3回目は、夜のストレッチを紹介します。あとは寝るだけというゆったりした時間に行うストレッチです。その日の疲れをとり、身体を整えましょう。


 ストレッチには、筋肉や関節に刺激を与える動的ストレッチと固くなった筋肉を伸ばす静的ストレッチがあります。睡眠前は寝つきがよくなり、眠りの質も高める静的ストレッチで、心身をリラックスさせましょう。

 ポイント!
背筋を伸ばし、両手のひらを頭の後ろに当てます。手で頭に少しずつ圧力をかけながらあごを胸に近づけていきます(30秒キープ)。

背中

 ポイント!
正座をして両手を前方に伸ばします。腰を後ろに引きながら背中を丸めるようにして、おでこは床(マットなど)につけます。目線はみぞおちに向くようにしましょう(20秒キープ。2〜3回)。

太もも

 ポイント!
うつぶせになってから右膝を曲げます。右手で右足首をつかみ、前へ引っ張ります。次に左右を入れ替えて同じように伸ばしていきます(10秒キープ。左右)。

股関節

 ポイント!
座って足の裏を合わせ、足首を両手で持ちます。腰が丸くならないように背筋を伸ばし、そのまま身体を前に倒します(10秒キープ。2〜3回)。起こすときはゆっくりと。




*web
限定記事

「毎日忙しくてストレッチをする時間をつくる余裕が
ない」という方は、バスタイムを有効に使いましょう。
リラックス効果の高いお風呂でストレッチをすると、血液循環もより高まり、疲労回復にも役立ちます。関節や筋肉も柔らかくなっているのでストレッチにぴったりです。


お風呂の温度はいつもよりぬるめに設定しましょう。
身体の芯からあたまってからスタートしましょう。
食事の直後、激しい運動のあとは避けましょう。
汗をかいたら水分補給は忘れずに。

ウエスト周り

 ポイント!
両膝を立てて腰をおろし、上体をひねって両手で浴槽の縁をつかむ。
腰が伸びている状態を保ちながら20秒ほど。
お尻を動かさないように注意しましょう(左右)。

 ポイント!
両膝を立てて腰をおろし、お腹を意識してへこませます。
息を吐きながら両手のひらを浴槽の側面に押し付けます。
(10秒ほどを5回)

足首と
ふくらはぎ

 ポイント!
両膝を立てて腰をおろし、両手で両足のつま先を持ち、
手前に引き寄せます(10秒ほどを5回)。


お風呂でストレッチ。睡眠もばっちり!

 ぬるめのお湯にゆったりと浸かり、適度なストレッチで汗をかくと、身体の芯から温まり、質の良い睡眠がとれるようになります。
 入浴剤にこだわってみたり、バスソルトやアロマオイルを使うなどして、入浴を楽しみながらストレッチをしてみてください。バスタイムはアイデア次第で、ストレス解消にも癒しにもなります。

3回に分けて、朝昼夜のストレッチを紹介しました。どのストレッチも、すぐにスタートできる簡単なものです。毎日すべてはできないという方も、気になる場所のストレッチから始めてみましょう。「気持ちいい〜」が感じられれば、きっと継続できます!

>>MIMIYORI Information アイ・エス de ヘルス!アーカイブ