IS NEWS (2)

目指せ! 省エネ住宅 住まいの断熱・遮熱

家庭のエネルギー消費において、約30%を占めているのが暖冷房です。
省エネを進める上でまず重要なのは、この暖冷房のエネルギー消費を抑えることのできる「省エネルギー住宅」にすることです。


住まいの「断熱」

           断熱施工のモデル図

 省エネ住宅の基本は、住宅全体で外気に接している部分(床・外壁・天井又は屋根)を、断熱材で隙間なくすっぽりと包み込むことです。隙間があると、熱が室内から室外に逃げたり、その逆に、室外からの熱が室内に入り込みます。
 断熱性能の低い壁の室内側の表面には温度差が発生しやすく、結露の原因になる場合があります。



窓の「断熱」

冬の暖房時に熱が逃げる割合の例
新省エネ基準レベルの家全体での計算例

 住宅の断熱で重要なのが、開口部の断熱性能を高めること。冬は窓など開口部から約半分の熱が外へ逃げます。
 窓の断熱性能は、ガラスとサッシの組み合わせによって決まります。ペアガラスにするだけでも大きな効果が!
 また、既存の窓の内側に新しく内窓を設置して二重窓にしても、複層ガラス窓と同程度の断熱性能が確保できます。



窓の「遮熱」


ブラインドなどを設置する場合は、窓の外側に取り付ける方が、内側に取り付けるよりも、3倍近くの効果があります。
ひさしやオーニング(日除けテント)の取り付けは、太陽高度の高い南側の窓では特に効果的です。
出所:経済産業省 資源エネルギー庁「 省エネ性能カタログ 2015年夏版」

 最近の住宅は以前より断熱化が進んでいるため、いったん室内に熱を入れてしまうと、逆にそれを室外に排出することが難しいといえます。
 そこで夏は、冷房機器の効きに影響を及ぼす直射日光による熱を室内に取り入れないように、窓の遮熱対策を実施することが重要です。


暖冷房コストが抑えられて家計にも環境にもやさしい!

断熱レベルと年間の冷暖房費の比較


 高断熱高気密住宅の大きなメリットのひとつは、快適な室温を保ちつつ、暖冷房コストを軽減できること。例えば、昭和期に多く建てられた無断熱住宅と比べ、最新の省エネ基準に則ったレベルで断熱した住宅では、暖冷房にかかる電気代が60%近く削減、暖冷房費も半分近く安くなることも。さらに使用エネルギーが減れば、二酸化炭素の発生量も減り、環境にもやさしいのです。

出所:国土交通省「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」資料



>>IS NEWS アーカイブ