IS NEWS

ガスのこと、 もっと知ってトクしよう!
【LPガスのある暮らし】教えて  &  

毎日使うものだからこそ・・・
LPガスの良さを自信をもってお伝えします!

最近、給湯器の調子が悪いんだけど・・・

ガス給湯器にも寿命があります!
点火しにくい、時々リモコンのランプが点滅する、お湯がぬるくなる……。 ご自宅の給湯器にこうした症状はありませんか? 長くお使いの製品だと経年劣化の兆しが出ているかもしれません。 このような機器を使い続けると、思わぬ事故につながる恐れがあります。

リモコン

 リモコン操作が正常に効かなくなった
 たびたびエラーが表示されるようになった

機器やリモコンの故障などの原因はさまざま
 で、早めの点検が必要です。



給湯追い焚き

 お湯が熱くなったりぬるくなったりする
 ようになった

設定温度と違う熱湯が出たりすることで、
 ヤケドの恐れがあります。



音や臭い

 機器から大きな音がするようになった
 機器を使うと焦げた臭いや異臭がする

点火装置の不良による異常着火や不完全燃焼
 によりCO中毒を起こす恐れがあります。



機器の外観

 機器がススで汚れている
  機器の下から水漏れがしている

機器内部の部品劣化などにより、
  水漏れやCO中毒を起こす恐れがあります。

ガス給湯器の点検・買い替えの目安は10年です

ガス給湯器は、機器の設計を行う際に標準的に使用した場合、安全に支障なく使用できる年数(設計標準使用期間)を10年と定めています。 この10年を超えると経年劣化リスクが高まり、点火不良や不完全燃焼を起こす危険性が出てきます。 万が一の場合に備え、10年たったら点検または買い替えをおすすめします。

出所:LPガス安全委員会資料より 

設置から7年以上経過している場合は、修理・買い替えの両方を視野に入れて検討してみても良いかもしれません。しかし、10年以上経過している場合は、買い替えをおすすめします。 仮に修理代を出して一時的に修理し、使用できたとしても、すぐに寿命が来て結局は買い替え が必要になるかもしれません。
普段はあまり意識することのない給湯器ですが、故障してお湯が使えなくなってしまうととても不便です。
経年劣化のサインを見逃さず、故障してしまう前の事前対応が大切です。

>>IS NEWS アーカイブ