IS NEWS

東日本大震災から7年 もしものために、ご家族で話し合いを

東日本大震災の発生から7年が経ちました。あの日の混乱と動揺は忘れられない出来事となっています。今一度、災害が起きたときの行動や備えについてご家族でのお話し合いをしていただくことをおすすめします。

地震が起きたらどうする?

ガスを使用中に強い地震(震度5相当以上)が起きた時は、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。まず、身の安全の確保をしてください。
   

災害後、ガスを使用する前の安全確認

ガスメーターの復帰方法

※復帰操作をしても復帰しない(再び「ガス止」の表示が出る)場合は、復帰操作を繰り返さず弊社の点検を受けてください。

アイ・エス・ガステムの保安体制

24時間365日対応

ご連絡先
047-429-1234
8:30~18:30 本社お客さまコールセンターにて受付
18:30~8:30 緊急保安センター受付

管轄の営業所ごとに緊急時連絡先のシールを入居時や保安検査時にお渡ししています。キッチンなどすぐわかる場所に貼ってください。お手元に無い場合は、販売店・コールセンターへお問合せください。

中核充填所  地域の皆さまのお役に立てるガスの供給体制

弊社の八街配送センターは中核充填所に認定されています。
2011年3月11日に発生した東日本大震災により、LPガス業界も未曾有の被害を受け、LPガスの供給体制が見直されました。その一環が「中核充填所」です。中核充填所は、LPガス車、LPガス発電機、衛星電話等を設置し、有事の際にはLPガスの国家備蓄を優先的に割り当てられることになります。

ガストリアージ より安心・安全に暮らせる万全な保安体制

弊社では、地震や風水害など予期せぬ災害が発生した際、お客さまがいち早く安心してガスをご利用できるよう、その地域で『一斉点検』を行います。多くのお客さまの安心・安全を迅速に確保するため『ガス版トリアージ(広域災害時ガス設備一斉点検)』を作成しています。
万一の際は、弊社社員がお客さま宅のガス供給設備を点検し、A~Dの4段階で判定し、トリアージを掲示します。

>>IS NEWS アーカイブ