アイ・エス 暮らしの情報 暮らしに関するミニ知識やウンチクをご紹介

住まいの安心・安全 ②  住まいの防犯 「空き巣」に狙われにくい家

 住まいの侵入犯罪で最も多いのは「空き巣」、侵入窃盗です。その件数は全国で年間46,091件(2015年。警察庁発表)で、1日約126軒もの住宅にドロボーが入っていることになります。侵入犯罪を防ぐためのチェックポイントをまとめました。

空き巣犯は下見をしている

 空き巣被害の大半は、現金と高価な貴金属。タンス、クローゼット、仏壇など、ヘソクリや貴重品の隠し場所を、空き巣犯は経験的によく知っています。だから、まず、空き巣を入れないことが大事なのです。
 空き巣は場当たり的に侵入するのは稀です。大抵は下見をします。そして当日も、留守・不在かどうかをしっかり確かめてから侵入します。外出時間が決まっているご家庭では、時々わざと電気をつけておくなど、工夫が大切です。
 侵入窃盗の6割は一般住宅で、大半は一戸建て。集合住宅も1階が狙われやすくなります。でも、犯罪者は1階から入るとは限りません。施錠されていないことが多い2階や屋上から忍び込むことがあります。また、犯罪者の多くは、まず逃走ルートを考えます。人通りが少ないだけでなく、駅に近いとか、人通りの多いところもターゲットなのです。



侵入に10分以上かかる家はあきらめる

 空き巣犯罪の侵入経路は圧倒的に窓です。空き巣の7割は窓から侵入します。ドアが施錠されていても、窓を閉めるクレセントのそばをバールやドライバーで割るなどして入るのです。そこで、空き巣対策はまず窓の強化です。防犯フィルムを貼る、防犯ガラスに換えるなどの方法があります。
 一般に、空き巣犯は侵入に10分以上かかるとあきらめる傾向があります。窓やカギを二重にするなどの対策を講じることで、侵入の多くを防ぐことができます。
 防犯のためには、まず物件が「犯罪者に狙われにくい」状態にしておくことが第一です。空き巣の被害にあった物件に共通する「狙われやすさ」を知り、対策を講じておきましょう。



■ 侵入者防止で注意したいこと
表


■ 空き巣犯の「確認作業」と、「留守」だと思わせない対策
表



*web
限定記事

窓と玄関ドアのカギで防犯対策


 「空き巣」の手口は、玄関ドアのカギのこじ開けと窓のガラス破りが過半数です。まずカギの窓と玄関ドアの対策からはじめましょう。

■ 窓に補助錠をつける
図 外から見て、窓下に人が屈んだら中から見えない場合などは特に、窓の部分に補助錠をつけましょう。サッシ上下に補助錠を取り付ければ、こじ開けにくくなり、またガラスを割って侵入しようとしても時間がかかるため、侵入をあきらめさせることができます。
 空き巣犯は侵入に時間がかかりそうな物件は敬遠します。したがって内側に補助錠などをつけるだけでなく、「防犯対策をしている窓である」ということを外側でアピールすることも大切です。
 具体的な方法としては、防犯フィルムや防犯ガラスを使用している場合は、「防犯ガラス使用」など、そのことを示すシールなどを窓の外から見えるところに貼っておきましょう。

■ カギの交換で、こじ開け対策を
 空き巣の手口の一つのピッキングとは、合鍵以外の用具(ピッキング用具)を用い、錠シリンダー部分を操作して解錠する方法です。
 シリンダーとは、カギを差し込んで回す部分のことをいいます。差し込むカギのディンプルや鍵山、溝の形で一致するカギか異なるカギかを識別します。空き巣犯は、カギ穴に特殊な工具を差し込んで開けるわけです。
 対策としては、錠シリンダーをCP-C錠等の耐ピッキング性能の高い鍵に交換すること。他に、電子ロックキーや指紋錠等もあります。
 もう一つの手口に、サムターン回しがあります。カギを使わず、針金・特殊工具を挿入して施解錠操作をするためのつまみ=サムターンを操作して解錠する手口をいいます。対策としては、サムターンに外部から直接接触することができないように防護するためのカバー、サムターンカバーを扉に取り付けるといった方法があります。

■ 空き巣犯に強いドアに
図 サムターン回しを防ぐためには、防犯サムターンへの交換もお勧めです。防犯サムターンには、ツマミ部分を取り外せる脱着式サムターンや、スイッチを押さないと解錠できないスイッチ式サムターンがあります。
 カギのこじ開けの手口では、扉にドリルで穴を開けたり、ドアスコープを取り外したり、ドアの側面や上部の隙間から特殊器具を入れてきます。対策としては、ドアが丈夫であることに越したことはありませんが、補助錠をつけたり、ガードプレートをつけたりすることが得策です。
 なお、賃貸の場合、カギの交換費用を入居者に請求することは、近年なかなか理解が得にくくなっています。国交省のガイドラインではカギの交換費用は貸主負担とされています。賃貸住宅のオーナーの方は、空き巣犯に強いカギへの交換は物件の価値を上げるための投資として考えるべきでしょう。


>>アイ・エス 暮らしの情報 アーカイブ