お客さまの「こまった」を解決!

お湯が出ない!!なんでだろう……?

「急にお湯が出なくなった!!」と焦ること、ありませんか?
お湯が出ないことにはさまざまな原因が考えられますが、この寒い時期“ならでは”のワケもあります。
お電話の前にこのワケを知っておくと、あわてずに済みます。

まずは、コンロを点火してみてください。火はつきますか?

コンロの火もつかない

ガスメーターがガスを遮断している可能性があります。
ガスメーターはとても精密な保安器具。お客さまのガス使用パターンを記憶して、安全を守ります。

こんなときに止まります!
・配管やガス器具からガス漏れしているとき
→ すぐに当社にご連絡ください。 047-429-1234 (24時間365日)
・ガス器具の火を消し忘れたとき
・テーブルコンロなどで、ゴム管が外れているとき
・ガス使用中に震度5相当以上の地震が発生したとき
こんなときも止まるんです!
・煮物などでコンロを長時間使用したとき 
 → 火の消し忘れと判断します
・暖房器具を急に使用したなど、ガス器具が増えたとき
・一度に多くのガス器具を使用したとき
・急に寒くなったとき(水温を上げるために多くのガスを使用します。)
・給湯リモコンの設定温度をいつもより高くしたとき
 → 一度に通常以上のガスが流れると、ガス漏れと判断します
・ガスメーターに物が強くぶつかったとき
 → 地震だと判断します

ガスメーターの復帰操作は、こちらでご覧いただけます。

コンロの火はつく

寒さによって配管内の水が凍結している可能性があります。
気温に限らず、風向きや日当たりなどの環境条件も関係します。急に冷え込む日は特に注意が必要です。
また、しばらくの間、家を空けていたり、お湯を使用していなかったりする場合も凍結しやすい条件のひとつです。

凍結してしまったら
給湯器のリモコンスイッチを「切」にし、気温上昇による自然解凍を待つのがいちばんです。
お急ぎの場合の対処法
・給湯器の水入口の開閉バルブ付近をドライヤーで温める
・給湯器の配管に温かいタオルや新聞紙を巻く
これはやらないで!
配管など、凍結部に直接お湯をかけるのは禁物です。
冷めたお湯が凍って、配管内の凍結を助長してしまったり、故障したりする可能性があります。

凍結でお悩みの方
給湯器付近の配管に保温材を巻くなどの対応をいたしますので、
本社コールセンターにご連絡ください。
047-429-1234(8:30~18:30)

>>お客さまの「こまった」を解決! アーカイブ