蓄電池システム

蓄電池システム
住宅用蓄電池システムの3つのメリット

太陽光 + 蓄電池 でさらにスマートに!

1.停電時、太陽光発電を使用しながら余剰分を蓄電池へ蓄えて夜間などに利用可能

※太陽光発電の余剰電力充電中は、蓄電池は放電しません。

パワーステーションを設置
『住宅用 創蓄連携システム』のパワーステーションは、太陽電池用パワーコンディショナ(以下パワコン)と蓄電池用パワコンを一体化させることで、 平常時だけでなく、停電時も太陽電池の発電電力の余剰分を蓄電池へ蓄ることができます。


暖房、換気、涼風、乾燥の標準機能

停電時のシステム動作
「朝~昼間」は太陽電池と蓄電池ユニットが連携し、生活に必要な電力を安定供給。 また余剰電力は蓄電池へ充電します。 晩~深夜は蓄電池の電力を供給します。

【動作例】

停電時のシステム動作

太陽光発電利用による蓄電池への再充電

太陽電池で発電した電力を効率よくリチウムイオン蓄電池ユニットに蓄えることができるので、数日間にわたる停電時でも役立ちます。

【再充電パターン(例)】

停電時のシステム動作
2. 停電時、コンセントの差し替えなしで、あらかじめ接続した機器を使用可能

「創蓄連携システム」は、新築時の設計段階で、停電時にも使用したい機器の回路設計をしておくと面倒なコンセントの差し替え作業なしで機器を使用できます。

太陽光発電システム単独の場合
パワーコンディショナの自立運転用コンセントに電気機器のプラグを差し込んで使用。 またコンセント式ではない機器は使用できません。

創蓄連携システムの場合
配電設計により、設計した機器(冷蔵庫、照明、通信機器など)は、停電時も差し替えなしで使用できます。また、コンセント式でない、照明器具なども使用可能です。停電時、使用したい機器への電源の切替は、手動で行います。

3. 平常時も太陽電池や蓄電池の電力を利用。系統電力のピーク抑制に貢献

平常時は、生活者のライフスタイルやお好みに合わせて、「経済優先モード」 「環境優先モード」、「蓄電優先モード」の選択が可能です。

経済優先モード

  • 系統からの夜間電力を活用することで、快適性を損なわずに無理のないピーク電力抑制ができます。
  • 安価な夜間電力で充電し、電気代が高い時間帯に放電でき、買電量の抑制につながります。
停電時のシステム動作

環境優先モード
昼間に太陽光発電システムで創った電気を蓄電池に蓄えて、夜間もクリーンエネルギーを使用。 クリーンエネルギーを最大活用します。


停電時のシステム動作

蓄電優先モード
「停電」や「災害」に備え、常に満充電になるよう動作します。

蓄電池システムの3つのメリット
1. 突然の停電でも接続機器にスピーディに電力を供給。

停電や自然災害は、いつ起こるか分かりません。住宅・店舗・学校・公共施設・オフィスなどには非常時用電源の備えは不可欠です。切替することなく、 接続機器(照明・通信機器等)を蓄電池を電源として作動させます。
また、機器内部にはACコンセント(サービスコンセント)を設置し、携帯電話の充電やノートパソコンなど通信機器の電力として使うことができます。

2. 平常時はタイマーによるピークシフト機能。

ピークシフト機能はタイマーに設定により、電力の一番使用する時間帯に入ると、接続機器への系統電源からの供給を自動的に止め、蓄電池を電源として作動させます。
電気代の高い時間帯にタイマーを設定することで、電力需要ピーク時の系統電力量を抑制します。

3. 高性能の蓄電用標準電池ユニットを内臓。

定置用リチウムイオン蓄電池(1.6kwh)ユニットを内蔵
※補助金対象商品

アイ・エス・リフォーム施工事例

太陽熱温水システム
アイ・エス・リフォームの施工事例へ

蓄電池システムに関するお問い合わせ

資料請求・現場調査は最寄りの事業拠点までご連絡いただくか、インターネットからお問い合わせください。

事業拠点一覧はこちらへ

メーカー・関連リンク

Panasonic