アイ・エス・ガステム

ISG 発電システム ISG 発電システム

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽光を発電パネルに当てて電気を発生させ、家電などを動かす電力源にするシステムです。本来は熱に変換されていたはずのエネルギーを電気エネルギーに変換。発電の過程で二酸化炭素の放出など環境負荷を発生させないクリーンなエネルギーでもあり、地球温暖化などの環境対策としても広く注目され、導入が進んでいます。
現在のシステムでは、発電を行うパネルから家庭内への供給、余った電力の販売、まで、一連の流れをすべて機器が自動で行いますので、日常的な操作は不要です。

アイ・エス・ガステム(株)つくば⽀店

太陽光発電のメリット/デメリット

太陽光発電システムの1設備あたりの費用は100万円を超える高額な投資ですが、それでも、導入される方は近年増えています。設置することで、それ以上のメリットがあるためです。

メリット

光熱費を削減できる

太陽光発電で作った電気を使うことで、毎月の電気料金を抑えることができます。

余った電気を売れる

家庭内で使用する電気よりも発電量が多い場合、余った電気は電力会社に送電され、売電するので無駄にならずに収入になります。自家発電でかからなくなった電気代と売電収入を合わせ、おおむね10年程度で太陽光発電設備の利益に転じると言われています。

停電時でも日中は電気が使える

太陽光発電は、その名の通り太陽の差し込む日中の間であれば、自立運転機能付きのパワ-コンディショナー*に非常用コンセントを差し替えるだけで一部の家電が手間いらずで使用可能になります。

<注意>
  • 一部の機器には使用できないことがあります。
  • 自立運転の際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
  • 日射強度の変化により、供給電力が低下し、自立運転コンセントに接続した機器が停止する場合があります。
  • システムに損傷のない場合に限ります。日射量により変動いたします。
  • 屋外設置タイプパワーコンディショナの場合、予め自立運転コンセントを設置するための工事が必要です。
*パワーコンディショナーとは
太陽光発電システムでつくった電気「直流」を、家庭内で使用できる「交流」に変換するための機器です。パワコンと略されて呼ばれることが多くあります。

デメリット

初期費用が高い

設置容量にもよりますが、平均的に1設備あたり100万円以上の投資が必要になります。お住いの設置環境を想定しないと十分なメリットを得られないことが考えられます。
⽇射量にもよりますが、太陽光発電システムの設置⼯事後、おおむね10年〜11年程度での回収ができると⾔われています。

自然の天候に左右されてしまう

自然のエネルギーを活用するため、特に日射量に大きく影響されます。他にも台風等による飛来物で割れてしまう可能性も考える必要があり、保証等(一部例外有り)で直すことはできるとはいえ、そういったリスクも視野に入れる必要があります。

売電価格が下落傾向

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取る「固定価格買取制度」の売電価格が年々下落しております。

各種メーカー

多くのメーカーが太陽光パネル製品を販売しております。その中からご自宅や希望の設置場所に最適な製品を選択することは難しいことです。そこで当社が取り扱っているメーカーの製品特徴をまとめてみました。ぜひご参考になさってください。

メーカー パナソニック 長州産業 エクソル カナディアンソーラー ハンファQセルズジャパン
型式 VBHN250SJ33 CS-260B61S、
CS-124B61L
XLM120-380L CS3K-305P Q.PEAK DUO-G6 355
タイプ HIT 単結晶 単結晶
(ハーフカットセル)
多結晶
(ハーフカットセル)
単結晶
(ハーフカットセル)
変換効率 19.5% 19.0% 20.9% 18.36% 19.8%
公称最大出力 250W 260W、124W 380W 305W 355W
寸法:幅×奥行×高さ(㎜) 1580×812×35 1626×840×35、
836×840×35
1755×1038×35 1675×992×35 1740×1030×35
メーカー出力保証 25年 25 25 25 25
機器保証 15年 15 15 15 15
特徴 HIT太陽電池セル構造のさらなる最適化により、業界最高水準の発電量を実現 他メーカーに比べ出力は控えめだが、その分サイズが小さく日本の寄棟の屋根にぴったりと合い、屋根毎に細かな設計が可能 他とほぼ同じ大きさでありながら高出力による安定した発電を可能にする カナダで設立された太陽光メーカーで高い技術力と品質で日本でも数多く採用 ドイツで生まれた高い技術と保証制度を備えているので安心安全をお届け
※2021.03現在の情報。詳細はお問い合わせください。

参考太陽光発電の仕組み

太陽光発電システムは太陽の光を受けて太陽電池パネルが直流電力を作ります。しかし、家庭の電力は交流電力のため、そのままでは電気を使用することはできません。そこでパワーコンディショナー(パワコン)が直流電力を交流電力に変換し、作った電気を供給できるようにします。この太陽電池パネルとパワコンで主に構成されています。
また、分電盤の機能により、発電量がご自宅の消費量を上回ると電力会社に電気を送電し(逆潮流)、その余った電気を買い取ってもらいます(売電)。不足する場合は、電力会社から購入することになります(買電)。
これらの一連の流れは全て機器が自動で行うため、家庭での日常的な操作は不要です。

①太陽電池パネル ②パワーコンディショナー ③分電盤 ④電⼒量計。
電⼒の変換、供給、売電・買電すべてを機器が⾃動で⾏っています。
太陽光発電システム 事例
お問合せ・無料見積