グリストラップの清掃方法(日常の清掃)

グリストラップの清掃方法

ポータブルバキューム

清掃前に、汚れても良い服に着替え、手袋等を装着します。
蓋を開ける際に、鉄製の蓋等が腐食していると、手を切るなどの怪我をする場合もあるので、分厚いゴム手袋を着用することをお勧めします。

蓋に穴が開いていたり、取っ手がなかったりすると、怪我をするだけでなく、保健所の立ち入り検査等で改善を命じられる場合があります。蓋の交換は、弊社にお問い合わせください。

【1】バスケットの清掃 清掃頻度:毎日
ポータブルバキューム

①1槽目のバスケットの取っ手を持ち、よく水気を切ってから取り出します。
②中身を生ごみと一緒に処分します。

カゴが破損している場合は、弊社で交換が可能です。ぜひ、ご相談ください。

【2】浮いている油の除去 清掃頻度:週に1回
ポータブルバキューム

①悪臭の原因となる浮上油をすくいます。
②すくった浮上油は産業廃棄物としての処理が必要なので、容器等に保管をします。
③保管した浮上油は、産業廃棄物の収集運搬許可を持った業者に処理を委託してください。

【3】汚泥(沈殿物)の清掃 清掃頻度:1か月に1回
ポータブルバキューム

①沈殿した汚泥をすくいます。
②すくった汚泥は産業廃棄物としての処理が必要なので、容器等に保管をします。
③保管した汚泥は、産業廃棄物の収集運搬許可を持った業者に処理を依頼してください。
一般廃棄物に混ぜて処分をすることは不法投棄となり、禁止されています。

【4】トラップ管の清掃 清掃頻度:2~3か月に1回
ポータブルバキューム

①トラップ管の蓋を外します。(油で滑るので注意してください。)
②ブラシやタワシ等でトラップ管の中を磨きます。
③トラップの蓋は臭気止めなので、閉め忘れないように注意してください。

グリストラップ清掃は、悪臭があり、汚れてしまったり、滑って落ちてしまったりすることもあり、従業員の方が清掃するのは、とても大変です。産業廃棄物としての処理も必要になるので、専門業者に清掃を依頼をすることをお勧めします。