グリストラップ お役立ちコラム一覧

グリストラップの掃除方法|こまめな掃除できれいな店舗を維持しよう

飲食店などのお店を開業する人の中には、グリストラップの掃除方法を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。グリストラップは自分で掃除をすることもできますが、面倒な作業になるため一度さぼると長期間放置してしまうこともあります。

グリストラップを清掃する頻度や効率的な清掃方法のポイント

グリストラップの汚れを除去し、悪臭や害虫の発生、排水管の詰まりなどのトラブルを防ぐためには、それぞれの施設にあった頻度で清掃を行うことが大切です。また、掃除のやり方をしっかりと理解しておくことで、清掃が難しいと言われるグリストラップの汚れを効果的に取り除き、施設内を清潔に保つことができます。

グリストラップを清掃しないことのリスクと自分でできる清掃方法

飲食店経営者であれば、グリストラップが設置されているかと思います。調理後の道具を洗ったり、食後の食器を洗ったりしたときには、油脂を含んだ水が排水口に流れてしまうことがあります。そのような汚水が下水に流れ込むのを阻止する役割を担っているのが「グリストラップ」です。

グリストラップに関する法律とは|設置・運用についての法律を簡潔に紹介

これから飲食店や食品加工の経営を始めようと考えている人は、「グリストラップは設置しなければならないのか」「なぜグリストラップの設置が必要なのか」と、悩んでいるのではないでしょうか。グリストラップの設置の有無によって見積もり金額も変わるため、予算を立てる上でもグリストラップに関する知識を身につけなければなりません。

グリストラップの設置基準がすぐにわかるようになる方法

排水口に設置されるグリストラップは、ゴミの除去や油脂分の除去のために設置されています。グリストラップがなければ、排水口内が油詰りやゴミ詰りといった問題が起こる可能性があり、また汚れがそのまま下水になって流れてしまいます。

グリストラップと清掃に関する法律について紹介

カフェやバーといった軽飲食の業態を除き、飲食店や食品を扱う施設には、グリストラップの設置が事実上義務付けられています。グリストラップには汚れが溜まりやすいのでこまめな清掃が必要です。しかし、どれほどの頻度で清掃すべきか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

グリストラップの詰まりが起こすトラブルと解消方法をご紹介

業務用の厨房や、調理場に設置されているグリストラップの詰まりに悩まされているという方は多いのではないでしょうか。「今は詰まっていないから大丈夫」と他人事だと思わずに、もしもの時に備えてグリストラップの詰まりを解消する方法を確認しておきましょう。

グリストラップ清掃に洗剤利用がおすすめできない理由

油分が多く清掃が大変なグリストラップですが、洗剤を使うことで効果的に処理することができます。ただ、洗剤を使った自己処理にはリスクも存在しています。適切な処理方法でグリストラップのゴミを廃棄するためには、プロの業者に依頼することがおすすめです。

グリストラップの正しい清掃方法が知りたい人のために正しい清掃方法を伝授

グリストラップをきれいにして悪臭などのトラブルを防止するためには、正しい清掃方法を理解して、しっかりと汚れを取ることが大切です。グリストラップ内には水分から分離させた油脂分やヘドロが溜まっているため清掃がしにくく、汚れをきちんと除去するのは簡単ではありません。

グリストラップの構造と仕組み|1つでも部品を取ってはいけない理由

グリストラップは飲食店の排水から油やごみを除去するものです。排水には下水に流してもよいとされる水質基準があるため、グリストラップがないと水質基準を満たせなくなることがあり、それを改善するために飲食店にはグリストラップが設置されています。