清掃事例

東京都渋谷区:ビル4階のフレンチレストラン清掃

清掃前のグリストラップ

こちらは、ビルの4階にあるフレンチレストランの物件です。
これまでは従業員が汚泥をすくい、一般廃棄物とまぜて処分をしていましたが、
一般廃棄物の業者が処分してくれなくなりました。
しばらく放置していたところ、ビルの管理会社から、産業廃棄物としての処理をするように依頼されたそうです。
HPからお問い合わせをいただき、ご訪問しました。
お肉や魚、揚げ物等幅広いメニューに対応していることから、グリストラップはかなり汚れていました。
定期的な清掃が必要な事例です。
悪臭が気になるため、2か月に1回で作業を実施することになりました。
夏場は月1回に増やすこともご提案しています。

左がシンク側1槽目ですが、
汚泥がカゴの下を流れず、上から溢れてしまっています。

グリストラップの清掃開始

清掃手順は、
ポータブル機器をエレベーターで、店舗まで運ぶ
→グリストラップのカゴ・壁面清掃
→ポータブル機で汚泥吸引
→吸引後、ポータブル容器をエレベーターで地上まで降ろす
→ポータブル容器内の汚泥をバキューム車のホースで吸引
となります。

グリストラップの全ての仕切り板を外し、磨き上げます。

清掃中のグリストラップ

カゴもていねいに磨きます。

清掃中のグリストラップ

グリストラップ側面に洗剤を塗布し、磨きます。

ポータブル機

高層階でホースが伸ばせない場所のため、ポータブルバキュームを使用しました。

吸引中

グリストラップのカゴや壁面の清掃後、ポータブル機で汚泥を吸引します。

清掃後のグリストラップ

グリストラップの縁や、籠、底まで磨きあげ、きれいな状態になりました。

お客様からは、
「汚泥の処分が出来ず、どうしたら良いのか困っていたのでとても助かった。
閉店後~仕込み前の従業員のいない間に作業を終えてくれるので、立ち合い等で時間をとられないのが良かった。
また、作業員が2名体制でしかっり掃除してくれて、自分でやると大変なのでお願いして良かった。」
と、専門業者によるグリストラップ清掃のよさを感じていただけた、うれしいお言葉をいただきました。