先輩社員インタビュー

お客様の理想の住まいを実現するために、自分を見つめなおし一歩ずつ進んできました

住宅リフォーム事業部 リノベる課2015年入社 松浦 ありさ

先輩社員インタビュー
現在担当している仕事はどのようなものですか?

中古物件をリノベーションして住まいとしたいお客様の相談窓口をつとめています。
お客様の資金や将来設計などのライフシミュレーションの作成、物件の選出や住宅ローンのサポートなど、住宅の設計施工以外の部分を担当しています。

先輩社員インタビュー
仕事の魅力ややりがいを教えてください。

お客様は20代後半から30代で、家を買うというイメージがつかなくて漠然とした不安を抱えていらっしゃる方がほとんどです。

資金は足りるのか?家族が増えたら?転職や転勤があったら?ロケーションはどこがいい?広さはどれくらい必要?といった不安を、ひとつずつ解きほぐしてあげる。

その結果、いい物件が見つかり、お客様の願いがすべてかなえられる住まいができて、「お願いしてよかった」の一言がもらえた瞬間が何よりもうれしいです。

先輩社員インタビュー
困難なことがあったときはどのように乗り越えてきましたか?

リフォームアドバイザーになってしばらくは、契約が取れないつらい時期が続きました。

上司や周囲に相談してたくさんアドバイスをもらいながら、一つ新しいことを試して、ダメなら次を試してみる。

ダメならもう一回チャレンジしてと、それを何度も何度も繰り返しながら、少しずつ進んできました。

先輩社員インタビュー
成長できたと感じたことは?

自分でも変われたと感じたのは、後輩ができたことがきっかけ。後輩に仕事を教えることで、自分を客観的に見られるようになりました。

家づくりにあたって、お客様のお金や家庭環境などプライベートな部分に踏み込むことに、私はためらいがあったんです。でも、踏み込んでいかなきゃだめなんだってわかりました。

不安や悩みを理解して解きほぐせるところまで踏み込む。しかも、口に出している悩みが本当の問題でないことがある、ご自身もそれに気づいていない。

そこを少しずつ察知できるようになって、ようやく任せていただけるようになりました。ほんと…やっとです。

アイ・エス・ガステムの魅力はどんなところですか?

週一の部内ミーティングの「今週この人のこんなところがよかった」と人を褒めるコーナーで、自分の名前が挙がると感動します。見ていてくれたんだなって。自分も人のいいところを探そうって思いますね。

就活時に、私の話をしっかりと丁寧に聞いてもらえたことも、とてもうれしかった。きっと、入社しても私の話を聞いてくれるんだろうと思いましたが、全くその通りでした。

今も誰に何を相談しても、真摯に返してもらえます。上下の垣根もなく、いつでも真剣に考えてもらえる。新卒入社なので、それを当たり前に感じていましたが、すごいことなんだって最近気づきました。

先輩社員インタビュー

ある1日のスケジュール

9:00 出社
9:10 グループウェア、メール等チェック

お客様からのお問合せ内容の確認や、
不動産会社との内覧日時の調整を行います。
10:00 ショールームにて案内

初めてお越しになるお客様に、リノベーションについてご説明。ヒヤリングをし理想の住まいづくりをご提案します。
12:30 ランチ
駅近くのお店を開拓中です!
13:00 1回の内覧で2、3件まわります。
物件探し・プランニング・資金計画まで最適なリノベーションをワンストップでご提案します。
デザイナーと同行しその場でご提案、即決するお客様もいます。
17:00 事務処理
オフィスに戻り住宅ローン用の書類や支払いシミュレーションの資料作成
18:30 退社
この日は後輩とディナーに行ってきます♪
先輩社員インタビュートップ