先輩社員インタビュー

実験には成功も失敗も意味がある
どんどん“実験”させてくれる会社です

総務部 人事課
2017年入社 磯部 歩巳

先輩社員インタビュー
現在担当している仕事はどのようなものですか?

人事課で新卒採用やインターンシップの企画運営を担当しています。従業員の健康診断や福利厚生、労災などの労務管理のほか、役員秘書も担当しています。秘書は人事と性質が違う仕事ですが、それぞれの仕事の優先順位を考えながら時間を使い分けるよう心がけています。

先輩社員インタビュー
今までで一番印象に残っている仕事は?

2020年度の新卒採用で、8名と例年より多く採用できたことです。私もまだ入社3年目なので、自分が就活時に不安に感じたことを思い出しながら丁寧に学生と向き合うようにしました。

たとえば、仕事内容や配属、休暇やお給料のことなど聞きにくいことも、懇親会など質問できる場を設けました。

あとは学生との連絡ツールとしてLINEを導入し、緊密に連絡を取ったことも大きいと思います。「磯部さんがよくしてくれたから入社を決めた」と言ってくれる学生もいて…。ほんとにうれしかったですね。

先輩社員インタビュー
インターンシップの企画もされたそうですね?

当社だから提供できるコンテンツを使って、新たなインターンシップを2019年から始めました。
人事課主催の研修体験講座では、当社の研修で実際に使っているコミュニケーションゲームを通して、学生に“伝える力”の大切さを体験してもらいました。
言葉選びや話す順序など意識して、誰もが分かるようにどう伝えるか。当社が大事にしていることを理解してもらえたかなと思います。

そのほか、財務諸表の見方講座とマーケティングの基礎講座の合計3コースを設けて、想定以上に多くの学生に参加してもらえました。

2020年の夏のインターンシップでは1週間の長期コースの企画を検討しています。

先輩社員インタビュー
アイ・エス・ガステムの魅力を教えてください。

どんどん“実験”させてくれるところです。会長の言葉ですが、「チャレンジや挑戦って言うとハードルが高く感じるかもしれない。“実験”と言い換えよう」と。
実験に失敗はつきもの。失敗も成功に近づくための大事な一つの情報だと。

上司にやってみたいことを話すと、「いいね。じゃあ“実験”してみよう」と返ってくる。見当違いの提案だったとしても、 答えではなく考え方、必要な情報や選択肢を教えてくれて、あくまでも決断は私に委ねてくれます。とにかく一歩が踏み出しやすいから、気づくと経験や実績が積みあがって成長できている。これはほんとうにすごいと思います。

今目標にしていることはありますか?

人事のスペシャリストになれたらと思っています。
人事の仕事は、労働基準法や社会保険など法律と制度に則って進めていかなければいけないので、専門的な知識をしっかり身につけたい。
先輩に教えてもらいながら、日々勉強です。業務に活かせる資格も少しずつ取得していきます。

入社してよかったと思うことはありますか?

コミュニケーションが活発で、どんなことでもきちんと相談できる社風です。上司も相談があると言えば必ず時間をとってくれます。一緒に働きたいと思える上司や先輩がいることも入社して良かったことのひとつです。

あと、福利厚生が充実していて、レジャー施設や映画鑑賞が割引で利用できます。プライベートが充実すると仕事ももっと頑張ろうと思える(笑)。有休も取りやすいし、社宅家賃の全額補助もすごくありがたい制度。働きやすさは抜群です。

先輩社員インタビュー

ある1日のスケジュール

8:30 出社
メール・グループウェアのチェック、1日のスケジュール確認 就活生からの連絡が入っていないかLINEのチェックも行います
9:00 安全衛生委員会出席
月に1度、会社の安全衛生についての情報共有や対応措置について検討しています
10:00 来年度の新卒採用スケジュール作成
日程や開催場所の調整と説明会内容を検討します
12:00 昼食
他部署の同年代のスタッフと一緒に、会社近くのカレー屋さんでランチ
13:00

役員のスケジュール管理・調整
社内打ち合わせ設定のため、関係部署へ連絡し日程調整をします

14:00

来客
福利厚生提供会社と定例打ち合わせ
一部運用変更のお知らせや会員限定のキャンペーンの共有など

15:30

事務処理
労災書類作成・健康診断管理など行います

17:50 退社
明日の予定を確認したあと退社
お疲れ様でした!
先輩社員インタビュートップ